読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学にて

大学とは女子大生の巣窟である。女子大生は大学を棲息の本拠としており、女子大生は大学でしか誕生しない。しかし、女子大生は大学の外に出ても環境に適応する。むしろ、大学内での女子大生の価値は、相対化が不十分なためにデフレーションを起こしている。外界に息づいているおじさんなどは、飲み屋などで「お〜若いのがきたよ!景気がいいね!」とビールをさらに呷り、やたら隣に来るように勧める。大学内ではデフレもいいところの女子大生だが、そういう場においては己の価値を隅々まで把握し、『嬉しいけどでも初対面だからちょっと遠慮しつつ愛想振りまこ!』みたいな振る舞いをナチュラルボーンに発揮する。女の本能。

一方、大学とは男子大学生の巣窟でもある。女子大生の価値が恐ろしく高いのに比べ、男子大学生の価値は地べたを這いずり回るというか、そもそも低すぎて困っていたところが年々下落している。その社交性のなさや、コミュニケーション能力と勘違いされたイキリ散らかし、まだなんとなく思春期が抜けていない女子に対するいやらしい目線、声がでかければ面白いと思っている幼稚な価値観、要するにうざい割にくだらないパースペクティブから抜け出せていないのだ。そういうところがマジ良くないと思うけど俺も男子大学生の一員なんだよね。鬼ッラ、、

そのそれぞれの価値の差異にもかかわらず、女子大生は男子大学生と恋をし、むず痒い時期を越えて性的な蜜月を過ごし、なんとなく倦怠を感じて別れる。嘆かわしいとは思わないが、なんとも言えない侘しさ、諸行無常とはこのことである。そしてその諸行無常は繰り返される。繰り返される諸行無常、蘇る性的衝動。冷凍都市の暮らしで、いつもあいつが姿をくらます。向井秀徳の慧眼に恐れ入るばかりだ。

今のところ、透明少女は見当たらない。だってまだゴールデンウィークになっていない。五月も半ばになれば、赤い季節が到来を告げるのだろうか。気付いたら俺はなんとなく夏なのだろうか。どんなあの子が透明少女か。